企業沿革

安政 5年 香川県小豆島で加登屋製油所を1858年(安政5年)に創業、ごま油の製造販売を開始。
昭和32年5月

加登屋製油所は事業の拡大を図るため、同製油所側と株式会社小澤商店(同製油所の東日本地区の代理店。現小澤物産株式会社)側が共同で出資を行い、新たに株式会社組織として加登屋製油株式会社を設立。

本社を東京都品川区西大崎一丁目357番地に設置。
昭和36年 9月 販売拠点として、大阪支店開設。
昭和36年10月 事業の拡大に備え、小豆島土庄港に工場用地39,600平方米を取得し、新工場を竣工。
昭和42年2月 福岡支店開設。
昭和44年4月 札幌支店、仙台支店、名古屋支店開設。
昭和48年10月 広島支店開設。
昭和49年8月 松本支店、金沢支店、高松支店開設。
昭和51年1月 金沢支店廃止。
昭和51年4月 商号を「かどや製油株式会社」に変更。
昭和52年4月 相模原営業所開設。
昭和53年3月 札幌支店、広島支店、松本支店、高松支店を営業所に変更。
昭和53年8月 熊谷営業所開設。
昭和54年4月 福岡支店を営業所に変更。
昭和55年5月 熊谷営業所を大宮市へと移転し、大宮営業所に改名。
昭和56年3月 相模原営業所廃止。
平成3年8月 本社を品川区西五反田八丁目2番8号に移転。
平成5年11月 日本証券業協会に株式を店頭登録。
平成7年5月 本社東京営業部が東京支店として独立。
平成12年8月 1単位の株式の数を1,000株から100株に変更。
平成12年8月 ISO9002を認証取得。(平成15年8月にISO9001に移行。)
平成16年12月

日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。

平成17年10月

大宮営業所を東京支店に統合。

松本営業所を長野市へと移転し、長野営業所に改名。
平成18年10月 神戸に事業所(物流倉庫)を新設。
平成21年 9月 長野営業所を東京支店に、高松営業所を広島営業所に統合。
平成22年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場。
平成24年3月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成24年4月 コーシャ認証取得。
平成24年6月 大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)における株式を上場廃止。
平成25年4月 東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
平成27年4月 広島営業所・福岡営業所を支店に昇格。
平成27年8月 ISO9001を認証返上。
平成27年9月 FSSC22000を小豆島工場にて認証取得。
平成28年4月 ハラール認証取得。