かどや料理教室レポート

2008年 第4回 藤野 嘉子先生料理教室のレシピを大公開 新鮮!「黒ごま油」で旬が香る"春の和食"

雑誌「dancyu(ダンチュウ)」とのタイアップ企画、料理研究家の藤野嘉子先生によるかどや料理教室が開催されました。
テーマは、【新鮮!「黒ごま油」で旬が香る"春の和食"】。
今回、藤野先生が教えてくださったのは、黒ごま油がにんにくの香りと相まって、菜花独特の苦味と甘味を引き立てた『菜花のさっと炒め』、サワラを酒塩+黒ごま油に漬けてから蒸して、食べる直前に熱した黒ごま油をジュッとかける『サワラの香り蒸し』、黒ごまらー油を塗って焼き付けた油揚げが絶妙な『お狐ごはん』、ごぼうとベーコンを純白ごま油で炒めて旨味を引き出した『ベーコン豚汁』。
栄養満点、体にやさしい、手軽な一汁二菜の料理が出揃いました。

料理研究家 : 藤野 嘉子先生

1男2女の母親であり、家族を想う主婦の目線を大切に、栄養バランスよく、手軽でおいしい現代的な和・洋・中の家庭料理を提案。
雑誌やテレビ、料理教室など幅広く活躍する料理研究家。

料理の決め手

  • 純正黒ごま油
  • 黒ごまらー油
  • 純白ごま油

サワラの香り蒸し

材料 4人分

サワラ 4切れ(1切れ約80g)
長ねぎ 10cm
しょうが 1/2片
干ししいたけ 2枚
大さじ2 
黒ごま油 大さじ3
<下味>
大さじ1
小さじ1/4
黒ごま油 大さじ2
*お好みで、黒酢・しょうゆ 各適宜

作り方

  1. サワラはよく水気をふき取り、皮目に切れ目を入れる。下味をつけて5~10分置く。
  2. 干ししいたけは水につけて戻したら、石付きをとって薄切りにする。長ねぎは、縦に切り目を入れて芯を取り、残りを5cmの白髪ねぎにする。しょうがは千切りにする。
  3. 耐熱皿に黒ごま油(分量外)を塗って、(1)のサワラを並べ、(2)の薬味野菜をしょうが、干ししいたけ、長ねぎの順にのせる。酒をふり、ふんわりとラップをして、湯気の出た蒸し器で10分加熱する。
  4. 魚が崩れないように汁ごと取り分ける。食べる直前に熱々に熱した黒ごま油をジュッとかける。好みで黒酢としょうゆをかけてもおいしい。

お狐ごはん

材料 4人分

ごはん 4杯分(米2合)
油揚げ 1枚
しょうゆ 適宜
黒ごまらー油 適宜
山ごぼうの漬物 40g
ふきのとう 1個

作り方

  1. 油揚げはしょうゆと黒ごまらー油をさっと塗り、ガスコンロのグリルでさっと焼いて、5mm角に切る。山ごぼうの漬け物は粗みじん切りにする。
  2. ふきのとうは芯の所に切れ目を入れ、熱湯でゆで冷水にとり、よく水気を切る。細かく切って、しょうゆ小さじ1/2(分量外)をまぶしておく。
  3. 炊き上がったご飯に(1)の油揚げ、山ごぼう、(2)のふきのとうを入れてさっくり混ぜる。

菜花のさっと炒め

材料 4人分

菜花 1把(約250g)
にんにく 1片
黒ごま油 大さじ2
しょうゆ 大さじ2/3

作り方

  1. 菜花はたっぷりの水につけ、葉がパリッとなったら、食べやすいサイズに切る。根元の太い部分は、皮を薄くむくと柔らかくなる。
  2. にんにくは芯を取り包丁でつぶしてざくざくと切る。
  3. フライパンに黒ごま油と(2)のにんにくを入れ、ゆっくりと香りを出す。
  4. (3)に(1)の菜花を加え、軽く塩を振る。全体に油がまわったら、水大さじ3~4(分量外)を加えてしんなりするまで炒め、しょうゆで調味する。

ベーコン豚汁

材料 4人分

ベーコン(スライス) 30g
ごぼう 20cm
万能ねぎ 1/2把
だし汁
(水5カップ、日高昆布5cm、削り節15gの分量で取った合わせだし)
3カップ
みそ(田舎みそ<米>) 大さじ2~3
純白ごま油 大さじ1

作り方

  1. ごぼうはタワシで洗い、薄切りにし、水に2分さらしてあく抜きをする。万能ねぎは4cm長さに切る。
  2. ベーコンは1cm幅に切る。
  3. 鍋を中火にかけて、純白ごま油を熱し、(2)のベーコンを炒める。脂が出てきたら、(1)のごぼうを加えて炒める。
  4. (3)にだし汁を入れ、煮立ったらアクを取る。
  5. 10~15分煮て、しんなりしたらみそをとき入れ、(1)の万能ねぎを加える。

バックナンバー