ごまコラム

ごまコラムです。ごまのあれこれをご紹介。

「ごまをする」、「ごまかす」の由来

ごまをすり鉢ですると、すり鉢やすりこ木など、あちこちにベタベタとくっつきます。その様子から、相手にこびへつらうことを「ごまをする」というようになった、といわれています。

また、江戸時代の文化・文政年間に、「胡麻胴乱(ごまどうらん)」というお菓子がありました。

小麦粉にごまを入れてこね、焼き膨らましたこのお菓子。ごまのよい香りはするけれど、なかはからっぽで、餡も入っていません。

そこで人々は、見かけはよいけれど中身のないもののことを、胡麻菓子(ごまかし)と言うようになり、これが転化して、人目を紛らすことの意味に使われるようになったそうです。