もっとおいしくごま油上手

ごま油を使ってワンランク上のお料理を。調理のコツをご紹介。

植物油のいろいろ

植物油には、ごま油のほかにもいろいろな種類があります。それぞれ違った特性や味、風味をもっていて、使われ方もさまざまです。ここでは家庭で使われる一般的な植物油を簡単に紹介します。

大豆油

主な産地
アメリカ、ブラジル
大豆中の油含有率
16~22%程度

大豆から採取した油。日本の食用油のなかではポピュラーで消費量も多い。独特の旨みとコクがあり、一般的には他の油とブレンドされて、サラダ油や天ぷら油として使用されています。

なたね油

主な産地
カナダ、中国
なたね種子中の油含有率
38~44%程度

なたねの種子から採取した油。風味が軽く、熱に強いので、揚げ物などに適しています。 近年はカナダで改良されたキャノーラ種が多く使われています。

とうもろこし油

主な産地
アメリカ、アルゼンチン
とうもろこしの胚芽中の油含有率
40~55%程度

とうもろこしの胚芽から採取した油。リノール酸が多く、揚げ物に使うとコクのある香ばしい風味が出ます。 また、ビタミンEを多く含むため、加熱しても劣化が遅く、風味の安定性もあります。 天ぷら油、サラダ油、マーガリンの原料として広く利用されています。

べに花油(サフラワー油)

主な産地
アメリカ、メキシコ
べに花の種子中の油含有率
25~40%程度

べに花の種子から採取した油。ビタミンEを多く含み、淡色、淡白な風味が特徴で、ドレッシングなど生食用としてよく使用されています。

オリーブ油

主な産地
スペイン、イタリア
オリーブ果肉中の油含有率
40~60%程度

オリーブの果肉から採取した油。独特の香りが特徴で、オレイン酸が多く含まれています。
地中海料理に欠かせない油として知られています。

落花生油

主な産地
中国、インド、アメリカ
落花生中の油含有率
44~56%程度

落花生から採取した油。品質が安定していて、独特の風味と香りを持っています。
中華料理などに多く使用されています。