かどや料理教室レポート

2013年  かどや料理教室レポート第21回 親子で作る!! 秋のワンプレートメニュー浜内千波先生

雑誌「オレンジページ」とのタイアップ企画。料理研究家 浜内千波先生による「親子料理教室」が開催されました。テーマは親子で作る純正ごま油、ねりごまを使った秋のワンプレートメニュー。炊き上がりねりごまを混ぜて、まろやかさとコクをプラスした「鮭とお豆の炊き込みご飯」、シャキシャキごぼう入りの純正ごま油で香ばしく焼き上げた「ごろごろ根菜入りつくね」、焼きパプリカにごま風味のソースをかけた「焼きパプリカの香りごまマヨソース」、いつものバニラアイスリッチな味わいに「ねりごまのクリーミーシェイク」を教えていただきました。

 

講師:浜内 千波(はまうち・ちなみ)先生

料理研究家。大阪成蹊女子短期大学栄養科卒業後、岡松料理研究所へ入所。 1980年、東京・中野坂上にファミリークッキングスクールを開校。校長を経て、代表取締役に就任。現在は、東京・東中野にて同スクールを主宰。また、料理は、 もっともっと夢のある楽しいものをモットーに、テレビ番組や講演会への出演、雑誌や書籍の執筆、各種料理講習に参画と幅広く活躍中。野菜をたっぷりおいしく食べられるヘルシー料理を得意とし、そのユニークな発想と創造性にあふれた、つくりやすいレシピに定評がある。

『朝に効くジュース、夜に効くジュース』
『毎日おいしいサラダが食べたい』
『活動量計ダイエットBOOK 浜内千波のレシピ付き』
など多数。

料理の決め手

  • 純正ごま油200g
  • ねりごま白 100g
  • からだのごちそういりごま(白) 65g

 

材料8個分

2合(360ml)
生鮭の切り身 1切れ
大豆の水煮(缶詰) 100g
にんじん 1/3本分(約50g)
「ねりごま(白)」 大さじ2
焼きのり(全形) 2枚
「純正ごま油」 適宜
小さじ1

作り方


  1. 米は炊く30分前にとぎ、ざるに上げる。鮭は幅1cm、長さ3cmに切る。
    大豆は缶汁があればきる。にんじんは皮をむいてみじん切りにする。
    炊飯器の内がまに米、塩を入れ、2合の目盛りまで水を加える。鮭、大豆、にんじんを加えて普通に炊く。
  2. ご飯が炊き上がったら、ねりごま(白)を加えて全体をさっくりと混ぜる。
  3. 焼きのりは4等分に切って、刷毛で純正ごま油を薄く塗り、塩少々をふる。
    25cm四方に切ったラップに焼きのり1切れをのせて、②の1/8量をのせる。
    ラップの端をぎゅっとしぼって三角ににぎる。 残りも同様ににぎる。

 

材料2人分



にんじん 1/3本(約50g)
ごぼう 1/4本分(約50g)
鶏ひき肉 100g
「いりごま白」 適宜
「純正ごま油」 適宜
砂糖 しょうゆ 各大さじ1
しょうゆ 各大さじ1

作り方


  1. にんじんは皮をむいてすりおろす。ごぼうは皮をこそげ、縦4等分に切ってから横に幅3~4mmに切る。
    ボールに、にんじん、ごぼう、鶏ひき肉、いりごま白大さじ1を入れてよく練り混ぜ、6等分にする。
    手に純正ごま油を適宜つけて小判形など好みの形にまとめる。
  2. フライパンに純正ごま油大さじ1を中火で熱し、①を入れて両面をこんがりと焼く。
    表面をかるく押さえて弾力が出てきたら、いったん火を止め、砂糖、しょう、水大さじ2を加えて
    再び中火で熱し、ときどき上下を返しながら全体にからめる。器に盛り、いりごま白適宜をふる。

 

材料2人分



赤パプリカ(大) 1個
きゅうり 1/4本
サラダ菜 2枚
プチトマト(黄) 4個
【ソース】
「純正ごま油」 大さじ1
マヨネーズ 小さじ2
しょうゆ 小さじ2

作り方


  1. パプリカはじか火にさらして全体に皮を焦がす。
    冷水にとって皮をむき、縦半分に切ってへたと種を取り除く。きゅうりは縦4等分に切る。
    プチトマトは2等分に切る。
  2. 器に①野菜を盛り、小さい器にソースの材料を混ぜ合わせて添える。
  3. 【お好みで】 ねりごまのクリーミーシェイク (1人分)を添えて
    グラスに市販のバニラアイスクリーム75g、「かどやのねりごま(白)」大さじ1を入れ、なめらかになるまで混ぜる。

バックナンバー